強制失踪から 4 年、市民社会が問い続ける: 「ソムバット・ソムポーンはどこに?」

FIDH: 2015 年 12 月 15 日

Sombath Somphone-032

バンコク発)ラオスの傑出したラオスの市民社会のリーダー、ソム バット・ソムポーン氏が強制失踪に遭ってから 4 年目を迎えるこの日、私たち、以下に署名 をした団体は、ソムバット氏の失踪を今に至るまで適切に調査せずにいるラオス政府を非 難します。私たちは、ラオス当局に、ソムバット氏の安否や所在を突き止めるための効果的 な調査を行うよう求めます。特に、12 か月前に新しい証拠となるビデオが公開された後も、 彼の強制失踪に関する調査を再開しないラオス政府の怠慢を非難します。

ソムバット氏は、2012 年 12 月 15 日の夜、ラオスの首都ビエンチャンの交通量の多い道路 沿いの警察の検問所で見かけられたのを最後に、姿を消しました。ソムバット氏の誘拐は、 検問所近くに設置された防犯カメラに捉えられています。防犯カメラの映像は、警察官がソ ムバット氏の車を止め、数分後に身元不明の人物たちが彼を他の車に押し込み、走り去ると ころを映しています。また、何者かが、ソムバット氏の車を運転して街から走り去るところ も映されています。 (more…)

ラオスの人権問題に取り組みを

アセアン首脳会談で、社会活動家ソムバット氏の失踪事件や自由のはく奪問題を焦点に

(2016年8月31日、バンコク発) 東南アジア諸国連合(アセアン)がラオス人民民主共和 国の首都ビエンチャンで年次首脳会談を開催するに先立ち、人権団体をはじめ複数の NGO は、 ラオス政府に対して、国内で多発する強制失踪や不当逮捕などの人権問題に真剣に取り組むよ う呼びかけた。9 月 6 日から 8 日、ビエンチャンで開催されるアセアン首脳会談は、世界の指 導者たちが公式の場で人権問題への関心を表明する絶好の機会である。世界の指導者たちは、 権利の尊重、報道の自由、民主主義、信教の自由、財政の透明性といった人権・開発指標で常 に下位にランクされるラオスに対して、その元凶である人権侵害を根絶するよう働きかけるべ きである

Logo-Sombath Initiative8 月 31 日、バンコクのタイ外国人記者クラブで主催した会見の席で、ソムバット・イニシアテ ィブのメンバーは、社会活動家ソムバット・ソムポーン氏の強制失踪事件をはじめ、ラオスに おける民主主義と人権の制限、表現の自由への介入、人権擁護義務の不履行、海外からの開発 援助や投資の影響をまとめたブリーフィング・ペーパーを公表した。

(more…)

2015年国際失踪者デーに向けて シュイ・メン氏の手紙

Mekong Watch: 30 August 2015

私の最も親愛なるソムバットへ

Shumeng-Gwangjuこの数か月、あなたに書かなくてはと何度も思い、少し書きかけるのだけれど、毎回、続けて書けないのです。本当に難しくて。思いを言葉にすることさえ以前にも増して困難になっています。あなたを力づけるためにこれ以上何を言えるでしょうか。あなたが元気でいてくれて、自分の自由を取り戻す希望を捨てていないことを、ただ祈っています。

明日は8月30日です。再び、国際失踪者デーを迎えます。私は昨年のこの日にあなたに宛てて書いた手紙を読み直しています。綴った感情は今も同じです。失踪が私にのしかかり、味わう痛みと失望は、年に一度、この日にだけ思い出さなくとも、私の場合は、毎日、毎秒、その痛みと失望とともにあるのです。

でも、失望の中にあっても、言葉があなたに伝わっていないようであっても、私は伝えたい。この数週間、私は希望と信頼が再び芽生えるのを見つけたのです。この数週間、私は東京、ソウル、ジャカルタ、マニラで、「非自発的失踪に反対するアジア連盟」(Asian Federation Against Involuntary Disappearance: AFAD)やその他の人権団体が主催した、沢山のロビー活動に参加したのです。これらの活動は様々な地域の皆さんや団体に、あなたの失踪、それから他の方々の失踪について思い出してもらう活動でした。それぞれの場所で私は心から寄り添ってくれる友人や支援者に会いました。そして忘れてはならないことは、失踪者の家族に会ったことです。 (more…)

Action in front of the Lao embassy in Tokyo

政府批判の許されないラオスで社会活動家が失踪〜大使館前で人権NGOが抗議のアピール

Independent Web Journal: 13 December 2013

(Please click on link above for article in Japanese, as well as a video.)

Tokyo EmbassyIn response to a call from Japanese rights groups, Human Rights Watch and the Amnesty International Japan, around 20 citizens gathered in front of the Laos Embassy in Tokyo on Friday, December 13, 2013. They called out “Return Sombath!” and read out a letter addressed to Lao’s Prime Minister Thongsing Thammavong, urging his government’s prompt, transparent, and thorough investigation on the abduction and disappearance of Sombath Somphone. The action was to anticipate the Japan-ASEAN Summit held in Tokyo on December 13-15, to which the Lao government had also been invited. Despite the prior notice of the action and bell rings at the door, there was no response from the embassy side. Hence, the letter was put in their mail box.

The same groups also sent a letter to Japan’s Prime Minister Shinzo Abe, asking him to urge the Lao government to take an immediate action on the matter.